logo

端末が分離するからできること--ドコモ「F-04B」が提案する新しいケータイの使い方

永井美智子(編集部)2010年03月25日 16時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは3月26日、端末が2つに分離する世界初の“セパレートケータイ”、「docomo PRIME series F-04B」を発売する。製造した富士通は、「LTE時代をにらみながら新しい使い方を提案したい」と語る。

  • 「F-04B」。フルタッチ端末、スライド型端末としても使える

  • ディスプレイユニットとキーユニットが分かれる。通話中に端末を分離するとランチャーが自動的に起動し、メールや電話帳などを確認できる

 F-04Bはディスプレイユニットとキーユニットが分離する、今までにない形状の携帯電話。ディスプレイユニットのみでも利用でき、厚さ9.8mmのフルタッチ携帯電話になる。キーユニットはQWERTYキーとテンキーの両方を備えており、ディスプレイのコントローラになるほか、単体で電話としても使える。どちらにもバッテリを内蔵し、両者間をBluetoothで通信することで、端末の分離を実現した。

 ディスプレイユニットとキーユニットが分かれることで、「いままであった制約から解放される」と、富士通 執行役員 モバイルフォン事業本部長の大谷信雄氏は話す。例えば、キーユニットで通話をしながら、ディスプレイユニットで知り合いの電話番号を調べたり、メールやウェブ検索ができたりする。通話中にディスプレイユニットとキーユニットを分離すると、よく使う機能をアイコン表示したランチャーがディスプレイ上に表示される。

F-04Bのデモ。通話中に端末を分離し、ディスプレイユニットで電話帳を確認できる

 また、ディスプレイユニットをカメラとして使い、キーユニットをリモコン代わりにすれば、集合写真も簡単に撮れるとのこと。内蔵のゴルフスイング練習アプリ「ETGAスウィングレッスン」では、キーユニットを腰に装着してスイングの練習をすると、ディスプレイユニットにはスイング診断結果が表示される。ゲームをディスプレイに表示し、キーユニットをコントローラに操作することも可能だ。端末にはディスプレイユニットを立てておくためのスタンドがストラップとして同梱される。

 ディスプレイユニットのみでほとんどの機能が利用できるため、普段は薄型のフルタッチ端末としてディスプレイユニットのみをポケットに入れておき、メールを入力したい時などにキーユニットを付けてスライド型端末として使う、といった使い方もできるとした。

 なお、ユニットの片側が見つからない場合には、「ケータイサーチ」という機能を使うと、音と光で場所を知らせる。

  • ディスプレイユニットを立てて見やすくするためのスタンド。ストラップとして同梱される

  • ディスプレイユニットを立てた様子。キーユニットをコントローラとして操作できる

 さまざまな使い方ができるF-04Bだが、大谷氏は「これが完成形ではない」とも語る。キーユニットの代わりに、違う機能を持ったユニットを組み合わせることで、さらに使い方が広がるからだ。第1弾として、端末の内蔵コンテンツやワンセグなどを壁面に映し出せるプロジェクタユニット「F01」を発売する。最大66インチの大画面に映し出せるといい、対戦ゲームや、ビジネス文書のプレゼンテーションなどでの利用を見込む。

 今後は長時間通話できる大容量バッテリや、書いた文字をそのままデータ化する電子ペンなど、さまざまなユニットを考えているという。「工夫は必要だろうが、いろいろなスタイルを実現したい。第2弾、第3弾と出していく」(大谷氏)と意気込んだ。

 F-04Bのカラーバリエーションは、BLACK、WHITEの2色。NTTドコモによると、市場想定価格は6万円台前半とのことだ。

  • プロジェクタユニットを装着して、ボウリングゲームの画面を映し出した様子。キーユニットを振ればボールが転がってピンを倒す

  • 富士通が描く、F-04Bの進化。さまざまなユニットが登場しそうだ

-PR-企画特集