logo

レッドハット、堅調な第4四半期決算を発表

文:Larry Dignan(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年03月25日 11時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatは米国時間3月24日、堅調な第4四半期(12-2月期)決算を発表し、引き続き、データセンター、サーバ、仮想化のアップグレードによる恩恵を受ける見通しだと述べた。

 同社の第4四半期純利益は2340万ドル(1株あたり12セント)で、売上高は前年同期比18%増の1億9590万ドルであった。非GAAP利益は1株あたり19セントで、金融アナリストらの予測を3セント上回った。

 年間決算については、純利益は8730万ドル(1株あたり45セント)で、売上高は前年比15%増の7億4820万ドルであった。

 Red Hatの最高経営責任者(CEO)であるJim Whitehurst氏は声明で、次のように述べた。

 クラウドコンピューティング、仮想化、ミドルウェアなど、データセンターにおけるいくつかの主要な技術トレンドが交差する中、われわれは非常によい位置につけていると考えている。

 第4四半期における唯一の懸念は、繰延売上である。Red Hatの第4四半期の繰延収益は6億4600万ドルだったが、それ以上だと予測していたアナリストもいた。例えば、JefferiesのアナリストであるKatherine Egbert氏は、繰延売上を6億7200万ドルと予測していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集