logo

MS、「Messenger for Mac 8」ベータ版をリリース--オーディオとビデオ機能を追加

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年03月25日 11時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Microsoftは米国時間3月24日、同社のMac向けインスタントメッセージング(IM)ソフトウェア「Microsoft Messenger for Mac 8 」のベータ版をリリースした。同社のMac版IMソフトウェアを、Windows版に近づけることを目指している。

 今回のテストソフトウェアでは、オーディオおよびビデオ会議機能がMac向けにようやく提供される。同製品の正式版は、「Office for Mac」とともに2010年中にリリースされる予定である。

 Microsoftは2008年から、「Windows Live Messenger」にはかなり以前から存在するこれらの機能を、Mac向けに提供するために取り組んでいると述べてきた。同社は当初、オーディオ/ビデオ機能搭載のベータ版を2009年までにリリースする予定だった。

Messenger for Mac 8 提供:Microsoft

 同製品の1つ前のメジャーアップデートであった「Microsoft Messenger for Mac 7」がリリースされたのは、2008年のことである

 オーディオおよびビデオ会議機能が追加されたMessenger for Mac 8のベータ版を試用したいユーザーは、MicrosoftのMacウェブページからダウンロードできる。ただし、Microsoftは、プロフィール写真が表示できないことや、別のユーザーにファイルを送信する際の問題など、同製品に関する既知の問題をいくつか列挙している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集