「IE9」のウェブ標準サポート--HTML 5ビデオのコーデック問題は解決されず - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年03月24日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTML 5標準では、ウェブページの中にビデオを組み込む方法が記述されているが、コーデックについては、主要なブラウザメーカー間で合意が得られないため、規定されていない。この状況で決め手になりそうなことは、GoogleのOn2 Technologies買収が完了したことによって何が起こるかということだ。On2の初期のコーデックVP3はOgg Theoraの基礎となっており、同社は現在VP8という新しいコーデックに取り組んでいる。Googleはこの買収に関して、「ビデオ圧縮技術はウェブプラットフォームの一部であるべきだ」と語っている。

 IE担当ゼネラルマネージャーのDean Hachamovitch氏 IE担当ゼネラルマネージャーのDean Hachamovitch氏
提供:Microsoft

 Microsoftが今回のIE9プレビュー版で力を貸さなかった開発標準は、ほかにも数多くある。ハードウェアアクセラレートされた3Dグラフィックスをウェブで利用するためのWebGL、ウェブページで棒グラフのような2Dグラフィックスの作成を容易にするCanvas、ネットワーク接続がないときでもウェブアプリケーションが動作できるようにするためのIndexed DBなどだ。

 Indexed DBがサポートされる可能性は高そうだ。Microsoftはこの技術を、Web SQLと呼ばれるライバルよりも支持しており、Mozillaも同じようなスタンスであるため、HTML標準化の過程でIndexed DBが大きく後押しされるだろう。

 ただし、IE担当ゼネラルマネージャーのDean Hachamovitch氏は、インタビューの中で明言を避けた。同氏は「楽しい論争が起こっている」と指摘し、「現在、頭のよい人たちが、両主役をめぐって盛んに議論している」と述べている。

 同氏は、WebGLについては冷たい。なぜなら、WebGLを採用すれば、ウェブデベロッパーは新しい種類のプログラミングを学ばなければならないからだ。

 「WebGLはまた別のマークアップだ。それを欲しがる開発者がどれくらいいるだろうか」(Hachamovitch氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]