logo

三洋電機、リチウムイオン電池の技術・開発拠点を徳島工場に建設

加納恵(編集部)2010年03月15日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は3月15日、リチウムイオン電池の開発・生産拠点である徳島県板野郡の徳島工場に、技術・開発を担う新棟を建設すると発表した。5月から建設を開始し、11月に完成する予定だ。

 新棟では、民生用リチウムイオン電池の材料開発や製造技術などの技術開発力をさらに高めていくという。

 徳島工場は、現在民生用リチウムイオン電池の開発・製造、HEV用リチウムイオン電池の開発などを手がけている。総工費30億円をかけ、4階建ての新棟を完成させるとのことだ。

新棟完成予想図 徳島工場の新棟完成予想図

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]