logo

ペンタックス初の中判デジタル一眼レフ「PENTAX 645D」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HOYAのPENTAXイメージング・システム事業部は3月10日、大型イメージセンサを搭載し、有効画素約4000万を実現したレンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」を発表した。5月中旬に発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は80万円代半ば。

 あわせて、防塵・防滴構造を採用した単焦点タイプの標準レンズ「smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDMAW」を5月中旬に発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は10万円程度。

 PENTAX 645Dは、35mm判の約1.7倍となる44mm×33mmのコダック製CCDイメージセンサを採用した。有効画素数は約4000万で、広範なダイナミックレンジによる階調再現性や質感の描写に優れた超高精細画像を実現するとのこと。さらに、ローパスフィルターレスのCCDユニットにすることで、解像力を最優先させたという。

 画像処理エンジンには、同社のデジタル一眼レフカメラ同様の「PRIME II」を採用。高速処理と中判デジタル一眼レフ用アルゴリズムにより、階調豊かで色再現性に優れた高画質画像を実現したほか、大容量画像データの高速転送なども可能にしたとのこと。さらに、画像の情報を忠実にデジタル変換する14bitのA/Dコンバータを採用している。

 記録媒体はSD/SDHCカードで、カードスロットは2基装備する。各カードスロットの設定は、ダイレクトボタンで選択が可能だ。電源には専用リチウムイオン充電池を採用した。

 カメラ本体の外装にはマグネシウム合金、シャシーにはアルミダイキャストを使用。70カ所にシーリングを施した防塵・防滴構造やマイナス10度までの動作を保証する耐寒性能を備え、本体サイズは約幅156mm×高さ117mm×奥行き119mm、重量は約1480g(電池、SDカード×2枚付き)になるという。

 smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF]SDMAWは、デジタル撮影に最適化した光学設計で高い描写性能を備えるとともに、645判フィルムサイズをカバーするイメージサークルを備えた「D FA645」レンズの第1弾モデル。

 PENTAX 645Dに装着すると、35mm判換算で焦点距離43.5mm相当の画角が得られ、人の自然な視野に近い画角で撮影することができる。

 7カ所にシーリングを施し、レンズ内部に水滴や埃などが入りにくい防塵・防滴構造を採用。PENTAX 645Dと組み合わせることで、雨天や霧の中、水しぶきのかかる場所などでの耐久性、信頼性が向上するという。

「PENTAX 645D」 「PENTAX 645D」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]