logo

NTTドコモがOpenIDを採用、PCサイトも“iモード認証”が可能に

永井美智子(編集部) 松田真理(マイカ)2010年03月09日 19時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは3月9日、OpenID技術を活用し、PCサイトでもモバイルサイトと同じようにユーザー認証できる「docomo ID認証」の提供を開始した。モバイルサイトの認証サービス「iモードID」と、NTTドコモが自社のPCサイトで利用している「docomo ID」を連動させたもので、一般のコンテンツプロバイダーが利用できる。

 iモードIDは、NTTドコモの携帯電話番号ごとに1つずつ付与されている、iモード用のユニークなID。公式サイトだけでなく一般サイトでも利用可能なことから、NTTドコモ向けモバイルサイトのユーザー認証に広く使われている。一方のdocomo IDは、NTTドコモ契約者が無料で発行できるPC用の認証ID。現在はNTTドコモの「My docomo」「imode.net」などのPCサービスで採用されている。

  • ユーザ属性情報通知利用イメージ

  • 「docomo IDでケータイ送信」利用イメージ

 docomo ID認証はOpenID技術を活用し、PCサイト運営者がdocomo IDを使ってユーザー認証できるようにしたもの。ユーザーがdocomo IDを使ってPCサイトにログインすると、PCサイト運営者にユーザーのiモードIDが通知される。このため、すでにモバイルサイトを運営しているコンテンツプロバイダーであれば、同じiモードIDを使って会員管理ができる。

 PCサイトからユーザーの携帯電話にモバイルサイトのURLを通知する機能も備えており、PCサイトからモバイルサイトに簡単に誘導できるという。iモード情報料やドコモ ケータイ払いといった、iモードの課金サービスと連携することで、PCサイトでのコンテンツ販売などの決済も簡単になるとしている。

 NTTドコモは同社サイトにおいてdocomo ID認証の技術仕様を公開している。サイト運営者が「docomoID認証インターフェイス仕様書」に対応すれば、docomo ID認証の機能が利用できるとのことだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]