logo

ソニーの3Dテレビは6月から発売--機能内蔵モデル40V型で29万円から

加納恵(編集部)2010年03月09日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月9日、液晶テレビ「BRAVIA」シリーズにおいて、3Dモデルを含む、新製品6シリーズを発表した。3シリーズを3D内蔵/対応モデルにしたほか、4シリーズでLEDバックライトを採用している。

 発表されたのは、3D内蔵モデルの「LX900」、3D対応モデルの「HX900/HX800」と、バックライトにエッジ型LEDを搭載した「NX800」、蛍光管CCFLを採用した「HX700」、500GバイトHDDを内蔵した録画モデル「BX30H」だ。

 3Dテレビには、3Dトランスミッタを内蔵し、3D対応メガネを2個同梱した3D内蔵タイプのLX900と、3Dシンクロ端子を搭載し、別売の3Dトランスミッタと3D対応メガネを購入することで、3D映像を視聴できる、3D対応タイプのHX900/HX800の2種類を揃えた。

 3D方式は、右目用、左目用のフルハイビジョン映像を交互に再生し、それをアクティブシャッターメガネで制御するフレームシーケンシャル方式を採用。映像と映像の間に新規生成映像を作り出し、さらにLEDバックライトをオン/オフするクリアモードを備えた「モーションフロープロ240Hz」を搭載することで、明るいリビングでも高画質な3D映像が視聴できるという。

 3D対応メガネには、フリッカーレスタイプを使用。いずれの3D内蔵/対応テレビにも、通常の2D映像を3D映像へとリアルタイムに変換する「2D→3D変換機能」を備えた。

  • 「LX900」

 3D内蔵テレビLX900は、40V型、46V型、52V型、60V型の4サイズ展開となる。3D機能を内蔵したほか、Wi-Fi、顔認識が可能なカメラセンサーを備えた多機能モデルだ。カメラセンサーを内蔵することで、人がテレビを見ているかどうかまで感知できる「インテリジェント人感センサー」として利用できるという。

 バックライトにはエッジ型のLEDを採用。パネルには液晶パネル部と表面のガラス板の間に新開発の樹脂を充填し一体化することで、外光の反射を抑えたオプティコントラストパネルを採用している。発売は40V型、46V型が6月10日、52V型、60V型が7月16日になる。

  • KDL-40LX900(40V型 店頭想定価格:29万円前後)
  • KDL-46LX900(46V型 店頭想定価格:35万円前後)
  • KDL-52LX900(52V型 店頭想定価格:43万円前後)
  • KDL-60LX900(60V型 店頭想定価格:58万円前後)
  • 「HX900」

 3D対応テレビのHX900は、バックライトに直下型のLEDを採用し、新画質回路「インテリジェントイメージエンハンサー」、オプティコントラストパネルを搭載した高画質モデルとなる。

 直下型のLEDは、LEDを立てて配置することで薄型化を実現。チューナ一体型ながら奥行き67mmを実現したという。立てて配置されたLEDは、導光板を用いることで明るさを確保した。46V型、52V型の2サイズ展開となる。発売は7月16日から。

  • KDL-46HX900(46V型 店頭想定価格:39万円前後)
  • KDL-52HX900(52V型 店頭想定価格:47万円前後)

 HX800は、40V型、46V型をラインアップ。部分駆動が可能なエッジ型LEDをバックライトに採用している。パネルにはフラットな表面処理を施したクリアブラックパネルを用いた。発売は7月16日から。

  • KDL-40HX800(40V型 店頭想定価格:22万円前後)
  • KDL-46HX800(46V型 店頭想定価格:28万円前後)

 なお、別売アクセサリとして、3Dトランスミッタ「TMR-BR100」(店頭想定価格:5000円前後)と3Dメガネ「TDG-BR100」(店頭想定価格:1万2000円前後)が用意される。3Dメガネはブラックのほか、ピンク、ブルーのカラーバリエーション「TDG-BR50」もラインアップされている。

 HX700は、バックライトにCCFLを採用したエントリーモデル。モーションフロー240Hz、クリアブラックパネルなど、ハイエンド機能も有する。40V型、46V型を揃える。発売は4月30日から。

  • KDL-40HX700(40V型 店頭想定価格:19万円前後)
  • KDL-46HX700(46V型 店頭想定価格:25万円前後)

 NX800シリーズは、40V型、46V型の2サイズをラインアップ。エッジ型LEDバックライトとモーションフロー240Hzを採用。Wi-Fiを内蔵し、ネットワーク環境も整備した。発売は4月30日から。

  • KDL-40NX800(40V型 店頭想定価格:20万円前後)
  • KDL-46NX800(46V型 店頭想定価格:26万円前後)
  • 「BX30H」

 ソニー初の録画モデルとなるBX30Hシリーズは、2台目需要を狙い、22V型、26V型、32V型の中小型のラインアップを展開する。500GバイトのHDDを内蔵し、録る、見る、消すの操作がしやすいシンプル操作リモコンを採用した。録画はDRモードのみで約65時間の録画が可能。地上、BS、110度CSデジタルチューナーを2基搭載する。発売は6月10日から。

  • KDL-22BX30H(22V型 店頭想定価格:8万円前後)
  • KDL-26BX30H(26V型 店頭想定価格:9万5000円前後)
  • KDL-32BX30H(32V型 店頭想定価格:10万円前後)

-PR-企画特集