ケータイで宝探し、毎日誰かに1万円--NTTコミュニケーションズのキャンペーン

永井美智子(編集部)2010年03月08日 15時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズは3月5日、携帯電話向け位置コミュニティサービス「ロケティ」において、携帯電話の地図上に表示される宝箱を実際に街に出て探し当てる「バーチャル宝探し」機能を開始した。これに伴い、毎日誰かに1万円の商品券が当たるキャンペーンを実施する。

 ロケティは、携帯電話のGPS機能や簡易位置情報機能などを利用し、現在地と一緒にコメントを表示するミニブログサービスで、2009年6月より提供されている。利用料金は無料だ。

 今回追加された機能は、ロケティの地図上に宝箱のマークが表示され、会員が実際にその場所に行って位置情報を登録すると、地図上の宝箱を開けられるというもの。宝箱の中には、デジタルコンテンツやギフト券のID、店舗で配付しているサンプリング商品の引き換え券、割引クーポンなどを入れておけるといい、「企業の販売促進、来店促進などのプロモーション活動に活用できる」(NTTコミュニケーションズ)とのことだ。

 3月5日から22日まで展開されるキャンペーンは、渋谷周辺の地図上に宝箱が表示され、ロケティ会員がその場所に行って位置登録をすると、商品券1万円分が当たるというもの。外れた人にも、先着600人に「Thanks Nature Cafe」、「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ 渋谷店」、「SOMA CAFE」の3店舗で使えるコーヒー1杯無料クーポンを配布する。

 また、キャンペーン期間中、友達にロケティを紹介した人の中から毎日抽選で1人に商品券1万円分をプレゼントする。

 対応機種は、NTTドコモ、KDD、ソフトバンクモバイルの第3世代携帯電話で、GPS情報または簡易位置情報を取得できるもの。ただし、宝箱を開けるには正確な位置情報が必要となることから、GPS情報を取得できる機種を推奨している。

ロケティのバーチャル宝探し ロケティのバーチャル宝探し機能の利用イメージ。地図上に宝箱がある場所で位置登録をすると、その宝箱を開けられる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加