logo

グーグル、検索結果の新カスタマイズ機能を提供開始

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2010年03月05日 09時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「SearchWiki」を導入してから1年以上が経過した後に、Googleは、スター(星印)を用いた検索結果のカスタマイズという異なるアプローチの導入を決定した。

 SearchWikiでは、ユーザーが検索結果に表示されるサイトの上昇や削除などを設定可能だった。Googleは現在、その代わりに気に入った検索結果の隣に表示されたスターをクリックする新システムへと移行している。

 プロダクトマネージャーのCedric Dupont氏およびプログラマーのMatthew Watson氏は米国時間3月3日、公式ブログへの投稿に「次に検索を実行する時は、スターをクリックした項目が、関連する検索結果の最上部に特別なリストとして表示されることになる」と記した。

 Googleは、さまざまな同社の提供サービスでスターを活用している。「Gmail」でフラグをつけるメッセージはスターをクリックし、Googleのソフトウェアバグトラッカーで参照したい問題にもスターをつけ、「Google Reader」でもRSSフィードアイテムにスターをつけるようになっている。新たに3日に発表されたスターを活用するシステムは、地図サービスにも適用されると、Googleは明らかにしている。

 SearchWikiでは何が問題だったのであろうか?

 Dupont氏およびWatson氏は「われわれの実施したテストにおいて、人々は将来の参照用にウェブサイトへマークをつけるというアイディアを本当に好むものの、Googleが提供するオーガニックな検索結果のオーダーまで変更することは望んでいないことが判明した」と語っている。

 スターをつけたエントリに関しては、「Google Bookmarks」や「Google Toolbar」から参照して編集可能である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]