logo

au、セコムと連動した子どもケータイ「mamorino」を3月4日発売

松田真理(マイカ)2010年03月02日 20時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラー電話は3月4日、京セラ製「mamorino(マモリーノ)」の販売を開始する。全国子ども会連合会の推奨商品に認定された、子ども向け携帯電話だ。

 mamorinoは、防犯ブザーに連動したココセコム現場急行サービスに業界で初めて対応。本体に搭載した防犯ブザーを鳴らすと、自動的にセコムに通報が入り、セコムのオペレーションセンターから保護者に通知する仕組みとなっている。

 なお、保護者の要請でセコムの緊急対処員が現場に駆けつけるといった対応も可能だ。ココセコムの加入料金と月額基本料金は無料だが、緊急対処員が急行した場合は、現場急行料金が1回につき1万500円がかかる。また、1時間を超えるごとに1万500円を加算するという。

 このほか、あらかじめ登録した4件までの相手に発着信、Eメール/Cメールの送受信が限定できる「通話先限定」「相手先限定メッセージ」機能を備え、ウェブサイトへの接続も制限されている。IPX5/IPX7相当の防水性能もある。

 カラーは、きいろ、あおの2色となっている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]