logo

インテル最高幹部の1人が脳卒中で倒れる--予後は良好

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年03月02日 17時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IntelのSean Maloney氏が脳卒中で倒れ、医療休暇を取ることになった。同氏は、最高経営責任者(CEO)Paul Otellini氏に次ぐ3人の最高幹部の1人である。

 Intelが米国時間3月1日に述べたところによると、Intel Architecture Groupのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるMaloney氏は、自宅にいるときに脳卒中で倒れたという。

 「Maloneyは極めて高い確率で全快するとの予後診断を受けている。回復期間は数カ月になるとみられており、その後全ての職務に復帰する見通しだ」。Intelは声明の中でこのように述べた。当面は、Intel Architecture GroupでMaloney氏とともにエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー氏を務めているDadi Perlmutter氏が、Maloney氏の業務を引き継ぐ予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]