logo

PCソフトの次はiPhoneアプリ--ソースネクスト、年内に30タイトルを提供

坂本純子(編集部)2010年03月01日 19時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソースネクストは3月1日、事業戦略発表会を開催し、年内をめどにiPhone向けに30タイトルを提供すると発表した。

  • 超字幕 どこでも単語

 第1弾として、4月中旬をめどに「超字幕 どこでも単語」をApp Storeで無料配布する。超字幕 どこでも単語は、映画やドキュメンタリー番組を丸ごと1本収録した英語学習ソフト「超字幕」シリーズと連携したiPhone用のアプリケーションだ。

 超字幕から覚えたい単語を登録しておき、iPhoneで同期するといつでもiPhoneから単語をチェックできる。覚えた単語は、iPhone上から消去することも可能だ。映画で使用頻度の高い厳選表現を100個収録した「映画で学ぶ!ネイティブ厳選表現100」が登録されており、超字幕ユーザーでない人も学習できるという。

 超字幕ユーザーへのアンケートでは、英語の学習を通勤途中などの移動中に行なっているユーザーが59%と半数以上を占めており、移動時間の学習に活用できるソフトウェアとして開発したという。

 ソースネクストでは今後、「携快電話」「筆王」「特打」「驚速」など、主要ブランドを中心にiPhone向けアプリをリリースするとしている。

 さらにハードもソフトも3年間何度でも相談できる「パソコンなんでも相談サービス ほっ!」を10万本限定で4月2日に発売すると発表した。価格は単品が4980円で、ウイルスセキュリティZEROとのパック販売版が7980円。

  • パソコンなんでも相談サービスのサポート範囲

  • ソフトウェアの例

  • ハードウエアの例

 パソコンなんでも相談サービスは、ソースネクスト製品だけでなく、他社のソフトウェアやPC本体、PC周辺機器などPCに関する相談を3年間何度でもできる有償サービスだ。365日、9時〜24時までいつでも問い合わせが可能という。

  • ウイルスセキュリティZEROの検知率。ノートンやカスペルスキーを抜いて1位になったという

 ソースネクストによれば、2009年のパソコンソフト市場におけるシェアは21.2%で7年連続で1位を獲得したという。その主力製品となっているのが「ウイルスセキュリティZERO」と「超字幕」シリーズだ。

 ウイルスセキュリティZEROは、2009年2月に660万人のユーザー数を突破。検知率は、2010年1月時点で売上げ上位3つのうち、NO1を獲得したという。

  • 代表取締役社長の松田憲幸氏とタレントのベッキーさん

 超字幕シリーズは、パラマウントやワーナー、ディスカバリーとの提携によりラインアップを増やしており、3月には152タイトルを突破。約30万本を売り上げる見込みという。語学・検定ソフトカテゴリで、超字幕発売前と発売後の市場規模を比べると、約2倍に拡大しており、「新たな市場を開拓した」と代表取締役社長の松田憲幸氏は自信を見せる。

  • 親しみをもってもらえるイメージキャラクターとしてタレントのベッキーさんを起用。一足早い誕生日を祝った

 今後はiPhoneアプリに加えAndroidなどのスマートフォン向けにも「前向きに検討したい」という。

 スローガンはこれまでの「みんなわくわく、パソコンソフト」から「ソフトでワクワク」と広くした。これまでのPCソフトの枠を超え、スマートフォンやサポートなどを通し、ソフトウェアをもっと楽しむための総合メーカーを目指すとしている。

-PR-企画特集