logo

フィードパス、企業間プロジェクト向けメッセージング&ファイル共有サービス「feedpath Rooms」を公開

ZDNet Japan Staff2010年03月01日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィードパスは3月1日、同社がSaaS型で提供する新サービスとして、主に企業間のコラボレーションサービスに利用できるメッセージング&ファイル共有サービス「feedpath Rooms(フィードパス ルームズ)」を正式に提供開始すると発表した。

 フィードパスでは現在、グループウェアの「サイボウズOffice for SaaS」や、グループカレンダーの「feedpath Calendar」といった企業内情報共有プラットフォームをクラウドとして展開している。

 新たに提供が開始されるfeedpath Roomsは、従来、一般的なメールシステムやメーリングリストに圧倒的に依存して行われていた、企業間での「メッセージング」および「ファイルの受け渡し」において、メールの代わりに利用されることを目指して提供するという。同社によれば、「メールでのコミュニケーションは簡単な一方、ビジネス利用においてはセキュリティや、データ管理、サーチ、ファイル送受信容量などいくつかの問題を抱えている。そのようなメールコミュニケーションの問題を解決するため、メールに代わる企業間コラボレーションサービスとして『feedpath Rooms』を提供する。これにより、膨大なメール、メーリングリストの洪水や情報の漏れを防げるようになる」としている。

 feedpath Roomsでは、主に企業間や部門間にまたがるような「プロジェクト」単位で、メッセージとファイルを一元管理できる機能が提供される。主な機能としては、スレッド形式の掲示板のようなスタイルで利用できる「メッセージング」機能と「共有ストレージ」機能を持つ。それぞれの機能は「プロジェクト>テーマ>メッセージ(トピック・コメント)と共有ストレージ(フォルダ・ファイル)」の形で階層管理ができるため、個人レベルでメールクライアントの振り分け機能などを設定し、受信メッセージやファイルをフォルダ分けする必要がない。

 また、特定のプロジェクトやテーマについて、キーワード、ユーザー、投稿日といった軸で情報を検索することも可能。ユーザーごとのアクセス権設定やIPアドレスによる接続制限、メッセージやファイルの暗号化といったセキュリティ機能も備えており、利用者のニーズに応じたレベルの情報保護が行えるとする。

 今後、5月には国内3キャリア、およびiPhone、Android、Blackberryのモバイルアクセスに対応する予定。7〜9月には、利用者のニーズに合わせた他サービスとの連携や機能追加などを予定しているという。

 feedpath Roomsを利用するにあたっては、サービスサイトから新規アカウント登録を行うか、アカウント登録を行ったユーザーからプロジェクトに新規招待される必要がある。登録時に必要な情報はメールアドレスのみ。プロジェクトの作成は基本的に無制限に行える。

 利用料金は、ひとつのプロジェクトに参加できる人数によって決まっており、5名までの「スタートプラン」は無料、6〜20名の「プラン20」は月額4000円、21〜50名の「プラン50」は月額7500円、51〜100名の「プラン100」は月額1万2000円、101〜300名の「プラン300」は3万円となる(価格は税別、プロジェクト単位でプロジェクトオーナーに月額で課金される)。なお、共有ストレージ容量は、スタートプランのみ1Gバイトまで、他の有料プランは一律で20Gバイトまでとなっている。

 同社では、feedpath Roomsにおいて、2010年末までに1000プロジェクト(契約)、3000万円の売り上げを目指すとしている。

feedpath Rooms プロジェクトやテーマ単位でメッセージと共有ファイルを一括管理し、従来メーリングリストなどを使って行っていた、部門間、企業間でのコラボレーションをシンプルかつセキュアに行える「feedpath Rooms」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]