logo

AR機能を使ったカーシェアリング向けiPhoneアプリ--オリックス自動車ら提供

新澤公介(編集部)2010年02月17日 20時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリックス自動車は2月17日、複数のユーザーで複数の自動車を共有する、いわゆるカーシェアリング向けのiPhoneアプリ「カーシェアリング iPhoneアプリ」を公開すると発表した。App Storeにて3月中旬より無料でダウンロードできる見通しだ。

 カーシェアリング iPhoneアプリでは、カーシェアリングの予約確認や変更、取り消しなどを行える。また、iPhoneのGPS機能を使って最寄りのカーシェアリングステーションを検索したり、電子コンパス機能を使った拡張現実(AR)によりカーシェアリングステーションまで道案内したりできる。アプリは、MOVIDA JAPANの開発によるもので、カーシェアリング事業者としては初めての取り組みという。

  • 最寄りのカーシェアリングステーションを、GPS機能を使って検索できる

  • googleマップとAR機能により、カーシェアリングステーションまでナビゲーションする

  • AR機能によるナビゲーション

 主なターゲット層について、オリックス自動車取締役社長の三谷英司氏は、「iPhoneを日常的に使っている20代から30代の若者」としており、「車離れが進む、特に首都圏に住む若者に運転の楽しさを知って欲しい」とコメントしている。同社のカーシェアリング事業「プチレンタ」は2009年9月時点で、会員数は6500人。自動車の保有台数は330台にのぼるという。

 オリックス自動車では3月末までに1000台の自動車を配備する予定だ。今後2年間で会員数1万人、2013年に5万人の獲得を目指す。

カーシェアリング事業 オリックス自動車のカーシェアリング事業における会員数の推移

-PR-企画特集