logo

ニュアンス、「Mac」向け音声認識ソフトウェアを手がけるMacSpeechを買収

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月17日 18時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nuance Communicationsは米国時間2月16日、「Mac」ユーザー向けに音声ディクテーションおよび音声認識ソフトウェアを提供するMacSpeechを買収したと発表した。

 Nuanceは、Mac環境とMacユーザーに関するMacSpeechの経験を踏まえ、拡大を続けるMac市場へ進出する重要なチャンスとして、今回の買収を求めた。Nuanceによると、同社の「Dragon」シリーズ製品のブランドと知名度、マーケティング、研究開発をMacSpeechシリーズ製品にも応用し、Macユーザーのシェアをさらに拡大していく計画だという。MacSpeechは以前より、同社の「MacSpeech Dictate」ソフトウェアでDragon音声技術エンジンをライセンス使用している。

 Nuanceのシニアバイスプレジデントで、Dragon担当ゼネラルマネージャーでもあるPeter Mahoney氏は、声明の中で次のように述べている。「何年もの間、弊社の顧客、そしてMacコミュニティー全体から、DragonをMac環境で使いたいという声を聞いてきた。MacSpeechは2008年、Dragonの基盤となるディクテーション技術のライセンス供与を受けて、MacSpeech Dictateを完成させた。その需要は拡大の一途をたどっており、われわれが先ごろリリースした『iPhone』向け『Dragon Dictation』によってさらに加速している」

 Nuanceは2003年にIBMの「ViaVoice」製品を買収して以来、「Windows」ユーザー向けの音声ディクテーション分野を事実上支配してきた。Nuanceは昨今、iPhoneユーザー向けにDragon Dictationと「Dragon Search」をリリースするなど、モバイル市場への参入も進めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]