logo

[ブックレビュー]今すぐ身につけたい--「こんなに簡単! こんなに役立つ! ダンドリ・整理術 モノグサ私の方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明日香出版社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 211ページ / 明日香出版社 / 価格:¥ 1,470 / 著者:大迫 秀樹 / 発売日:2010/02/04 / 外形寸法 (H×W×D):18.2cm × 13.0cm × 1.8cm / 重量:0.3 kg
内容:数ある「整理術」の中でも「モノグサ」にスポットをあて、モノグサだからこそ、整理術が必要なのだと説く。ずぼらで整理整頓が苦手とするモノグサに必要なものとは?

 書類の束、本の山、もらった名刺――。「片付けなければ」と気にしながらも肝心な時に取り出せない。机周りがごちゃごちゃになっているため、「今は忙しいから」と、ついつい後回しにしてしまい、必要な文房具さえ見つからず、スムーズに仕事が進まない。整理したいけれど、やっぱり「整理する」のは面倒くさい! しかし、どんなにずぼらでも、簡単に取り入れられるワザがここにあった。

 本書は、物理的に机周りを整理する方法から、集中する時間を作るといった時間管理の方法まで、整理術が網羅されているという点では、ほかの整理術を扱った本と変わらないように思う。だが、物の位置を決めてしまう、物をセットにしてしまう、などの整理の技は、実はムダな動きを極力しないようにするための、ある意味、究極の「ものぐさ」のための技なのだ。

 その極みが、本の冒頭で述べられている「整理にかける時間は朝の3分間だけ」という言葉。著者は、自宅の一室が仕事場という環境ではあるが、「出社直後の3分間だけが整理にかける時間」としても同じことだ。「3分間だけ」の「いつも」の「決まった手順」の整理なら、今すぐにも始められそうに思う。そう思わせる技が最初に出てくることで、実は「本を読むのも面倒」という「ものぐさ」にも対応しているのかもしれない。

-PR-企画特集