Flickr共同創立者のオンラインゲーム「Glitch」--新技術とマルチプラットフォーム展開 - (page 3)

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Henderson氏は、この解決法を思いついたきっかけについて、次のように述べた。「わたしはただ、都市がどのように組織化されているかを考えた。都市にある何かへの行き先を指定するのに、通りの名前を言うだけではだめだとしたら、どうすればよいだろうか」

多くのプラットフォーム

 Glitchは基本的に、ほかの多くのソーシャルオンラインゲームと同様、2Dのウェブベース「Flash」ゲームだ。しかし、Tiny Speckのビジネスモデルは、このゲームのプレーヤーがブラウザを超えてほかのデバイスまで活動範囲を広げることに依存している。

 というのも、Glitchは誰でも無料でプレイできるが、Tiny Speckは最終的に、プレーヤーがほかの方法ではアクセスできない新しいスキルにアクセスできるような、「iPhone」や「Android」で利用できる一連のGlitchミニゲームを販売しようとしているからだ。それは理論的に、ミニゲームのプレーヤーに、ウェブで無料のゲームしかプレイしない人たちに対する優位を与えることになる。

 Tiny Speckは、この販売されるミニゲームの一部として、あるいは無料のアドオンとしての可能性もあるが、モバイル機器を使って自分のキャラクターにコマンドを送る機能を提供しようと考えている。

 おそらくプレーヤーは、自分の「ロボットに対し、iPhoneから、作物の世話をしたり(ゲームの)オークションに参加したりする」コマンドを送ることができるだろうとButterfield氏は説明する。

 Butterfield氏によれば、Tiny Speckは最終的に、Glitchを何らかの形で、「Xbox LIVE」や「PlayStation Network」までを含む、できるだけ多くのプラットフォームで利用できるようにしたいという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]