logo

東芝、堅牢性に優れたウェブオリジナル春モデル「dynabook Satellite PXWシリーズ」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は2月4日、同社のウェブオリジナルの春モデルとして、新世代CPUを搭載し堅牢性に優れたベーシックノート「dynabook Satellite PXWシリーズ」2モデルを発表した。「東芝ダイレクトPC by Shop1048」にて同日より受注を開始し、2月下旬より順次発売する。

 dynabook Satellite PXWシリーズは、100kgfの面加圧テストや70cmの落下テストなどさまざまな製品評価テストをクリアした堅牢ボディに、320Gバイトの大容量HDDを搭載したベーシックノートPC。春モデルとして、Core i3-330M搭載モデルの「dynabook Satellite PXW/57LW」と、Core i5-430M搭載モデル「dynabook Satellite PXW/59LW」の2機種をラインアップした。

 両モデルともに、15.6型ワイドHDカラー液晶ディスプレイを搭載し、メモリは2Gバイトまたは4Gバイトから選択が可能だ。OSにはWindows 7 Home Premium 32ビット版を搭載。Microsoft Office Personal+PowerPointの有無を選択できる。

 価格は、dynabook Satellite PXW/57LWが7万6800円から、dynabook Satellite PXW/59LWが8万4800円からとなる。

「dynabook Satellite PXW」 「dynabook Satellite PXW」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]