logo

シスコ、好調な第2四半期決算を発表--景気回復の兆候か

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年02月04日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットインフラストラクチャ機器メーカーのCisco Systemsの好調な決算は、景気回復が始まったことを示す有力な兆候だ。

 Ciscoは米国時間2月3日、2010会計年度第2四半期(1月23日締め)決算を発表し、利益が前年同期比で23%増加したことを明らかにした。具体的な利益の額は19億ドル(1株あたり32セント)だった。前年同期の利益は15億ドル(1株あたり26セント)だった。

 売上高は98億ドルで、前年同期から8%増加した。Ciscoの売上高が前年比で増加したのは、2008年10月以来のことである。アナリストはCiscoの売上高を94億ドルと予測していた。

 最高経営責任者(CEO)であるJohn Chambers氏は、決算は全面的に好調だったと述べ、世界的に景気が上向いていると示唆した。

 「第2四半期は、あらゆることが劇的に加速し、われわれの事業はほぼ全ての分野で向上した」とChambers氏は声明の中で述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]