logo

ウィルコム、京都・東映太秦映画村でXGPの実証実験--遠隔ガイドなど

松田真理(マイカ)2010年02月03日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは2月より、京都の東映太秦映画村において、高速無線通信サービス「WILLCOM CORE XGP」を利用した実証実験を、財団法人京都産業21および関連企業/団体と共同で実施する。

 実験は「外国人ビジター遠隔ガイドシステム」および「多言語音声翻訳システム」の2つ。外国人ビジター遠隔ガイドシステムでは外国人観光客にWILLCOM CORE XGPの通信カードとノートPC、ウェブカメラ付きヘッドマウントディスプレイを貸与する。外国人相談センターのスタッフと映像を共有しながら、それぞれの言語で館内を案内したり、お土産やアトラクションを紹介したりする。

 多言語音声翻訳システムでは、日/英/中の多言語翻訳ソフトを搭載した携帯端末とWILLCOM CORE XGPを使って音声翻訳する。観光施設の売店や飲食店での利用を想定している。

image01.gif 外国人ビジター遠隔ガイドシステムのイメージ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]