logo

オリンパス、エントリークラスのマイクロ一眼「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは2月3日、マイクロ一眼のエントリーモデルとして、新ユーザーインターフェース「ライブガイド」を採用した「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」を発表した。3月5日に発売する。

 OLYMPUS PEN Lite E-PL1は、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠したレンズ交換式デジタルカメラ。一眼レフ初心者でも使いやすいように、フラッシュを内蔵したほか、高さ72.2mm×幅114.6mm×奥行き41.5mmで、重量296g(本体のみ)の小型軽量化を実現した。

 新インターフェースであるライブガイドは、写真の出来上がりに少し自分の意図を加えられるというもの。ライブガイドに沿って撮影すれば、写真の明るさや色合い、背景のボケ具合などを直感的な操作で設定でき、思い通りの写真を手軽に撮影できるという。

 本体には、動画撮影専用ボタンを設置。被写体をよりクリアに表現する仕上がりモード「i-FINISH」も従来モデルから継続して採用している。撮像部には、4/3型ハイスピード1230万画素Live MOSセンサ、画像処理部には画像処理エンジン「TruePic V」を採用している。

 ボディカラーは、ホワイトとシャンパンゴールド、ブラックの3色を用意。価格はオープンだが、店頭想定価格はボディが7万円前後、ボディと「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L」のレンズキットが8万円前後、ボディとM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L、「ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6」、フォーサーズアダプター「MMF-2」のダブルズームキットが10万円前後となる。

「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」 「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」

-PR-企画特集