logo

女子中高生のセキュリティ意識向上を目指す--ヤフー、MS、TBSが啓発で連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフー、マイクロソフト、TBSテレビの3社は2月2日、中高生向けの情報セキュリティの啓発活動を共同で実施していくと発表した。専用サイトを立ち上げるとともに、動画コンテンツ「C.I.A 〜サイバー・インテリジェント・エンジェルズ〜」を公開するキャンペーンを実施する。

 モデルとしても活躍するタレントの前田希美さんと黒田瑞貴さんを起用し、中高生のセキュリティ対策の啓発活動を推進することが狙いだ。

中高生のセキュリティ啓発を目的とした映像コンテンツ「C.I.A 〜サイバー・インテリジェント・エンジェルズ〜」(クリックで拡大画像を表示) 中高生のセキュリティ啓発を目的とした映像コンテンツ「C.I.A 〜サイバー・インテリジェント・エンジェルズ〜」(クリックで拡大画像を表示)

セキュリティ啓発で3社がコンテンツ配信

 今回のキャンペーンは、インターネット上で中高生が犯罪に巻き込まれるなどのトラブルが頻発している中、インターネット上で気をつけることなどを伝えるコンテンツを提供する。映像制作や中高生向けのサイトでノウハウを持つTBSと、セキュリティ製品やブラウザを持つマイクロソフト、ポータルサイトとして高い集客力を持つヤフーが連携し、中高生の目線でコンテンツを仕掛け、情報セキュリティ対策のリテラシー向上を図る。

 TBSテレビは、キャンペーン用映像コンテンツの企画と演出、サイト「Girls@SweetStreet」内の特設ページでの映像配信、番組オリジナルTシャツのプレゼントといった企画を展開。マイクロソフトはキャンペーンの企画、映像コンテンツの制作協力を、ヤフーは「ネットの安全特集 2010 春」特設ページで告知を行うほか、GyaO!で映像を配信する。

TBSによる中高生向けサイト「Girls@SweetStreet」(クリックで拡大画像を表示) TBSによる中高生向けサイト「Girls@SweetStreet」(クリックで拡大画像を表示)

 映像は全12回にわたって公開され、検索のやり方、ネットのトラブル対処、PC活用法などの内容が用意されている。すでに2月1日に3本の映像が配信され、3月中に残りの9本が公開される。

ティーン誌モデルの二人、セキュリティ意識の向上訴える

 3社は2009年、小学生のセキュリティ啓発を図るキャンペーンを実施しており、今回の取り組みはそれに続くものだという。

-PR-企画特集