logo

「アップル製タブレットはiPhone OSを採用」--米大手出版社の最高幹部が明かす

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年01月27日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleによるタブレットの発表が米国時間1月27日に期待されているが、その前夜、大手出版社の最高幹部がAppleの重大発表の一部を横取りしてしまった。

 McGraw-Hillの会長兼最高経営責任者(CEO)であるTerry McGraw氏は26日、CNBCの生放送で、Appleのタブレットが27日に発表されること、それには高等教育向けの教科書が提供されること、そして、「iPhone OS」がベースになっていることを明らかにした。McGraw氏がCNBCに話した内容は、以下の通り。

 もちろん、とても楽しみなことだ。Appleが27日、タブレットに関する発表を行う予定だ。われわれは、かなり長い間、Appleと協力してきた。そして、タブレットはiPhoneのOSをベースとしているため、応用可能なものになるだろう。

 何が可能になるかというと、われわれは電子書籍のコンソーシアムを持っている。そして、われわれの保有するすべてのマテリアルのうち、95%がこのコンソーシアムの電子書籍フォーマットになっている。タブレットによって、今後は、高等教育市場やプロフェッショナル市場を開拓することが可能になる。タブレットは本当に素晴らしいものになるだろう。

 これら全ての詳細は、通常であれば、Steve Jobs氏が自ら発表するまで秘密にしておく類のものだ。Appleの流儀に詳しくない人のために説明しておくと、同社は完成前の製品について話すことを、基本的に一切容認しない。換言すると、2010年にはMcGraw氏のもとにJobs氏からホリデーカードが届くことは、おそらくないと考えてよいだろう。

 それでも、McGraw氏は、同デバイス向けのOSと具体的なコンテンツ、すなわち教科書について、実名を出して認めた最初の情報筋である。匿名でメディアに情報を流してきた、ほかの情報筋の話から、われわれは雑誌や書籍、新聞などのコンテンツが含まれる可能性があることも、既に分かっている。

 AppleがiPhone OSをタブレット向けに調整するという簡単な道を選ぶのか、それとも同デバイス向けに新たなOSを開発するのかについては、さまざまな憶測がなされてきた。

 記事中の動画を2分50秒の位置まで早送りして、McGraw氏がタブレットについて話すのを聞いてほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]