logo

パナソニック、「LUMIX」にGPS搭載や10m防水など6機種を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月26日、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズにおいて、GPS機能を搭載した「DMC-TZ10」をはじめとする、全6機種を発表した。2月19日より順次発売する。

 DMC-TZ10は、従来のTZシリーズにGPS機能を搭載したデジタルカメラ。GPS機能により、地名情報を撮影画面に表示や記録したり、地名別に再生したりできるとのことだ。

 AVCHD Lite動画の搭載により、1280×720ドットのハイビジョン画質で長時間撮影を実現。撮影モードは、AVCHD Liteのほか、「QuickTime Motion JPEG」にも対応する。

 撮影機能としては、高感度撮影時やズーム撮影時の高画質撮影をサポートする「超解像技術」を搭載。画像を分析し特徴量抽出をすることで、エッジ部、ディティール部、グラデーション部の3種類に分離して画像に合わせた最適な解像感へとアップさせられるとのことだ。

 有効画素数は1210万画素。レンズは、広角25mmから光学12倍ズーム(25mm〜300mm)のライカ DC VARIO‐ELMAR(バリオ・エルマー)レンズを採用した。

 本体カラーは、シルバー、ブラック、レッド、ゴールドの4色。価格はオープンだが店頭想定価格は4万7000円前後。発売日は3月5日となる。

DMC-TZ10 「DMC-TZ10」

 DMC-ZX3は、AVCHD Lite動画に対応したポケットサイズのムービーデジカメだ。

 広角25mmから光学8倍ズーム(25mm〜200mm)のライカDC VARIO-ELMARレンズを搭載する。前機種の手ブレ補正機能「POWER O.I.S.」や高速起動(起動時間1.10秒)、高速AF(AFスピード 0.26秒)などに加え、超解像技術にも対応した。

 本体カラーは、ゴールドとシルバー、レッド、ブラウンの4色。2月19日に発売する。店頭想定価格は4万3000円前後となる。

DMC-ZX3 「DMC-ZX3」

 DMC-FT2は、防水・防塵・耐衝撃構造を強化したタフネスボディを採用。AVCHD Lite動画撮影、超解像技術機能を搭載している。広角28mmから光学4.6倍ズーム(28mm〜128mm)のライカ DC VARIO-ELMARレンズを採用する。

 防水性能は従来機の3mから10mに、耐衝撃性能は落下試験1.5mから2mへと進化したとのことだ。

 本体カラーは、スプラッシュブルーとソリッドシルバー 、サンライズオレンジの3色。店頭想定価格は4万7000円前後。発売日は3月5日となる。

DMC-FT2 「DMC-FT2」

 DMC-FX66は、奥行き21.8mmのスリムボディに超解像技術を搭載した。レンズには、広角25mmから光学5倍ズーム(25mm〜125mm)のライカ DC VARIO‐ELMARITレンズを採用した。

 本体カラーは、フローラルブルーとノーブルバイオレット、プレシャスシルバー、スイートピンク、リュクスゴールドの5色。発売は2月19日から。店頭想定価格は3万5000円前後となる。

「DMC-FX66」 「DMC-FX66」

 DMC-FS10は、おまかせiAモードを搭載したスタンダードコンパクトカメラ。大画面2.7型液晶を搭載し、広角28mm、光学5倍ズームレンズ(28mm〜140mm)と有効画素数1210万画素のCCDを採用した。

 本体カラーは、オレンジとピンク、ブラック、シルバーの4色。発売は2月19日から。店頭想定価格は2万5000円前後となる。

「DMC-FS10」 「DMC-FS10」

 DMC-FP1は、おまかせiAや1210万画素CCD、光学4倍ズームレンズ(35〜140mm)などを搭載したエントリーモデルのコンパクトデジタルカメラ。奥行き18.6mmのスタイリッシュデザインを採用した。

 本体カラーは、ピンク、シルバー、ブラック、ブルー、グリーンの5色。発売は2月19日から。店頭想定価格は2万2000円前後となる。

「DMC-FP1」 「DMC-FP1」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]