logo

新ケータイ放送「MediaFLO」、KDDIらが試作機を公開

永井美智子(編集部)2010年01月26日 16時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メディアフロージャパン企画とKDDIは1月26日、放送波を使って携帯電話に動画などのコンテンツを配信する技術「MediaFLO」の試作受信機を公開した。携帯電話にモジュールを内蔵した端末のほか、USB接続型とWi-Fi転送型がある。

 これは、沖縄県のユビキタス特区にて実施されている「携帯端末向けマルチメディア放送 (メディアフロー) サービス実証試験」において使われるもの。USB接続型はPCに接続して利用する。Wi-Fi転送型はiPod touchやWindows Mobile端末など、無線LAN対応端末で利用できる。

 Wi-Fi転送型の試作受信機の大きさは幅50mm×長さ87mmと小型で、受信機をポケットに入れたまま、iPod touchなどの端末だけを取り出してコンテンツを視聴できるという。

 ケーブルテレビで放送されている番組を視聴できるほか、映画などをダウンロードして好きなときに見ることも可能。放送波を利用するため、パケット料金がかからない利点があるとのことだ。

 試作機は東京原宿にあるKDDIデザイニングスタジオにて展示される。メディアフロージャパン企画が1月14日付けでKDDIデザイニングスタジオ内におけるVHFバンド (11ch) の実験試験局免許を取得しており、実際にMediaFLOを使って受信した映像が楽しめる。

  • MediaFLO対応の携帯電話型試作機。ワンセグとMediaFLOの両方が受信できるチップセットを内蔵している

  • PCにつないで利用するUSB接続型の試作機。VHF帯を利用して映像などを受信する

  • MediaFLOで受信した映像をWi-Fi経由でiPod touchなどに転送する受信機(右)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]