logo

フォトレポート:ハイチ大地震、現地の被災前後を比較

文:CNET News Staff 翻訳校正:編集部2010年01月15日 16時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 現地時間1月5日にハイチを襲ったマグニチュード7.0の大地震は、首都ポルトープランスからわずか10マイル(約16km)南西に位置する、カリブプレートと北米プレートの境界である横ずれ断層に沿って発生した。

 過去200年で最大規模となるこの大地震により、ポルトープランス中の建物は倒壊し、人々は逃げ場を失い、道路は建物の残骸で封じ込まれている。

 ここでは、同地域の地震前と地震後の様子を紹介する。

 現地時間1月5日にハイチを襲ったマグニチュード7.0の大地震は、首都ポルトープランスからわずか10マイル(約16km)南西に位置する、カリブプレートと北米プレートの境界である横ずれ断層に沿って発生した。

 過去200年で最大規模となるこの大地震により、ポルトープランス中の建物は倒壊し、人々は逃げ場を失い、道路は建物の残骸で封じ込まれている。

 ここでは、同地域の地震前と地震後の様子を紹介する。

Google/DigitalGlobe

 現地時間1月5日にハイチを襲ったマグニチュード7.0の大地震は、首都ポルトープランスからわずか10マイル(約16km)南西に位置する、カリブプレートと北米プレートの境界である横ずれ断層に沿って発生した。  過去200年で最大規模となるこの大地震により、ポルトープランス中の建物は倒壊し、人々は逃げ場を失い、道路は建物の残骸で封じ込まれている。  ここでは、同地域の地震前と地震後の様子を紹介する。

-PR-企画特集