logo

次世代電力インフラ構築で経産省が研究会を発足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次世代送電網「スマートグリッド」の普及を目指す経済産業省の研究会「スマートコミュニティ関連システムフォーラム」が、発足した。

 スマートグリッドは、ITを活用して電力の需要と供給をリアルタイムで調整し、太陽光や風力発電など再生可能エネルギーを安定的に供給する次世代インフラ。スマートコミュニティ関連システムフォーラムには、電力、自動車、電機、住宅など国内主要企業24社と有識者が参加しているとのこと。蓄電池や家電製品などにおける関連規格の策定や、国際標準化に向けた戦略などを話し合い、6月をめどに提言をまとめる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]