logo

出版主要21社が電子書籍の新団体を設立へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 主要出版社による電子書籍普及のための新団体「一般社団法人 日本電子書籍出版社協会(仮称)」が2月にも発足することが明らかになった。講談社、小学館、角川書店など主要出版社21社で組織する。

 新団体は、2000年に主要出版社で設立された任意団体「電子文庫出版社会」を母体とし、同会が運営する電子書籍の販売サイト「電子文庫パブリ」を継承、拡大させる方針。今後は、Amazonの電子書籍端末「Kindle」の発売などで拡大が期待される電子書籍市場に向けて、デジタル著作物の共通規格や、契約モデルの策定などを目指すという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]