logo

FTPアカウントの盗用による、ウェブ改ざん事例が急増--IPAが注意喚起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 閲覧した利用者のPCにウイルス感染させることを狙ったウェブサイトの改ざん事例が急増していると、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が注意を喚起している。

 IPAによると、改ざんが急増している事例は、不正に取得したFTPアカウント情報を悪用した手口を使ったもの。正規ユーザーになりすまして不正なスクリプトを埋め込んだページをウェブサーバにアップし、ページを閲覧した利用者をウイルスが仕掛けられたウェブサイトに誘導するとのこと。PCに脆弱性があった場合は、ウイルスに感染させられてしまう。

 こうした事態を受け、IPAではウェブサイトの管理者に対し注意を喚起。ページのソースや、FTPへのアクセスログを確認するなど、改ざん被害対策を講じるよう推奨している。

 また、一般ユーザーに対しては、ウイルスの感染を防ぐため、OSのアップデートによる脆弱性の解消や、セキュリティ対策ソフトを最新版に更新し、ウイルススキャンすることを勧めている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]