logo

パナソニック、超解像技術で35倍「iAズーム」を実現した新ビデオカメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月13日、デジタルハイビジョンビデオカメラの新製品として、「HDC-TM70」(TM70)、「HDC-TM60」(TM60)、「HDC-HS60」(HS60)の3モデルを発表した。2月20日に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格はTM70が12万円前後、TM60とHS60が10万円前後となる。

 TM70は、記録メディアにフラッシュメモリ96Gバイトを搭載し、フルハイビジョン記録で最大約41時間10分の長時間撮影を実現した。TM60は64Gバイトフラッシュメモリ、HS60は160GバイトHDDを内蔵する。いずれもSDカードスロットを備える。

 新開発「HDクリスタルエンジン・プロ」の搭載による超解像技術で、ハイビジョン画質のまま35倍までズーム倍率を上げられる「iAズーム」を搭載。レンズには35.7mmの広角ワイドレンズを採用し、ズームからワイドまで高画質で記録できるという。

 進化した新・手ブレ補正機能は、従来機では難しかったゆっくりとした手ブレを抑えることが可能となり、歩き撮りなどの撮影はもちろん、望遠ズーム時の撮影でも手ブレを抑える。

 さらに、ビデオカメラ初となる「個人認識機能」を装備。登録した人の顔をビデオカメラが見つけて最優先でピントと明るさを合わせられるとのことだ。

 風のある屋外でも風の音を抑え、本来録っておきたい音をしっかり記録できる「風音キャンセラー機能」も搭載する。ボディカラーは、TM70がムーンブラック、TM60とHS60はサニーシルバーとなる。

左から「HDC-TM70」、「HDC-TM60」 左から「HDC-TM70」、「HDC-TM60」
「HDC-HS60」 「HDC-HS60」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]