logo

インテル、CESで多数の新しい「Core i」チップを発表

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一2010年01月08日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--Intelは米国時間1月7日、開催中のConsumer Electronics Show(CES)で多数の新しいプロセッサを発表した。

 CESでは新しいモバイル用「Core i3」とモバイル用「Core i5」が発表され、「Core i7」ラインにも新製品が追加された。性能および機能は、iに続く数字が大きいほど高性能になる。つまり、Core i7プロセッサは通常、Core i5プロセッサよりも高速ということだ。

 IntelはCore i3およびCore i5プロセッサの統合グラフィックス技術を積極的にアピールしている。新しい「Arrandale」(開発コード名)のグラフィックス技術ではシェーダ(3Dグラフィックスで重要なコンポーネント)が20%増加している、とIntelのシニアバイスプレジデントSean Maloney氏は同日語った。現行「Core 2」チップの統合グラフィックスに比べて性能はおよそ70%向上する、とIntelは説明している。

 「これはグラフィックス性能として大きな躍進だ」と、Insight64のプリンシパルアナリストNathan Brookwood氏は語った。グラフィックスドライバが改善されたことで、さほど高度なグラフィックス性能が要求されないゲームでは、現行のCore 2技術よりもかなり動作が速い、とBrookwood氏は言う。しかしMaloney氏によれば、ハイエンドのゲーマーなら統合型でないグラフィックスを選択するだろうという。「先鋭的なゲーマーには、おそらく不十分だろう」と、Maloney氏は取材に応えて述べた。NVIDIAとAdvanced Micro Devices(AMD)のATIグラフィックスチップユニットの場合、グラフィックスを統合していない。

New Core i series processors 提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]