logo

東芝、32nmプロセスの多値NANDを採用したSSDをラインアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月7日、PC向けに32nmプロセスの多値NANDを採用したSSDのラインアップを拡充したと発表した。

 2010年第1四半期(1〜3月)にサンプル出荷を開始し、第2四半期(4〜6月)には、モバイルノートPC向けの「SGシリーズ」とハイエンドノートPC向けの「HGシリーズ」として、7タイプ18種類の量産を開始する。

 SGシリーズは、独自の積層技術により、ハーフスリムおよびmSATAタイプの小型フォームファクタにおいて、業界最大容量となる128Gバイトを実現。一方HGシリーズは、コントローラの改善により読み出し速度を向上させたとのこと。製品ラインアップは、従来の3mm厚の小型基板で提供するモジュール品、基板をそれぞれ2.5/1.8インチケースに収めた完成品、2.5インチ薄型ケース(7mm厚)タイプと、1.8インチケース無しタイプを追加し、5タイプ16種類になる。

32nmプロセスの多値NANDを採用したSSD 32nmプロセスの多値NANDを採用したSSD

-PR-企画特集