logo

「Project Natal」、2010年中にリリースへ--MSの開発者向けサイトで明らかに

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年01月07日 11時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--Microsoftは、ゲーマーによる予測通り、「Xbox」用アドオン「Project Natal」を2010年中にリリースする予定であることを正式に認めた。

 Natalは、2009年のElectronic Entertainment Expo(E3)トレードショーで披露された。ユーザーはコントローラとして自分の体を使ってゲームをプレイ可能になる。Natalが2010年ホリデーシーズンにリリース予定であることを示す兆候はあったが、これまで、Microsoftがそれを正式に明言したことはなかった。

 Microsoftは、このニュースが同社最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏による基調講演の一部として、Consumer Electronics Show(CES)の壇上で発表されることを望んでいた。しかし、MicrosoftがRobbie Bach氏の登場する動画を、短時間ではあるが開発者向けサイト「Channel 9」に掲載したことで、情報が明らかになってしまった。

 Bach氏はその動画で、「Game Room」というXboxの別の新機能にも言及している。Game Roomは、ユーザーが自分独自のアーケードを作れるようにする「Xbox LIVE」の機能だ。ユーザーはAtariやIntellivision向けに開発されたクラシックゲームをプレイできるほか、ゲーム筐体を配置して、自分や友達のアバターが仮想アーケードの中を動き回れるようにすることも可能だ。

 ユーザーはXbox LIVEを通して、友達を自分のパーソナルアーケードに招待し、コレクションを誇示したり、実際にプレイしてもらったりすることができる。Microsoftは今後3年間で1000作以上のゲームを揃えることを目標に、新作ゲームを毎週ローンチしていく予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集