logo

レノボの新「ThinkPad」、AMDプロセッサを搭載へ

文:Vivian Yeo(ZDNet Asia) 翻訳校正:編集部2010年01月05日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)製のプロセッサが、近々発売されるLenovoの「ThinkPad」の最新モデル2機種に搭載される予定である。同ノートPC製品ラインには長年にわたり、独占的にIntel製プロセッサが搭載されていた。

 2004年のIBMのPC事業買収によりThinkPad製品ラインを獲得したLenovoは米国時間1月4日、電子メールによるそれぞれ個別の声明において、「ThinkPad X100e」と13インチ版の新しい「ThinkPad Edge」シリーズにAMD製プロセッサを搭載する予定だと述べた。

 ノートPCとネットブックの中間に位置する超軽量型PCであるThinkPad X100eは、AMDのシングルコアおよびデュアルコアプロセッサ「Athlon Neo」、またはデュアルコアプロセッサ「Turion」を搭載することができる。ThinkPad Edgeモデルは、ThinkPad製品ファミリーの3製品の中で最も小さく、中小規模の企業をターゲットとしており、デュアルコアのAMD TurionまたはAthlon Neoプロセッサを搭載することができる。14インチおよび15インチ版のThinkPad Edgeにはこれまで同様、Intelのチップ「Core 2 Duo」が搭載される予定である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集