2009年のアクセス解析動向、キーワードは「買収」「無料ツール」「twitter」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクセス解析イニシアチブ(a2i)が発表した「2009年アクセス解析キーワードTop 3」は「買収」「無料ツール」「twitter」となった。このほか、「2009年アクセス解析10大ニュース」も公開している。

 この10大ニュースは、a2iが掲載したニュースやブログ記事の閲覧数を参考にa2iスタッフが協議の上、決定したもの。ランキングは以下のとおりとなっている。

  • 第1位:Adobe Systemsが18億ドルでOmnitureを買収
  • 第2位:オーリック・システムズの「myRT モバイル」(RTmetricsのモバイル版)、ヤフー「Yahoo!アクセス解析 ベータ版」、ユーザーローカル「User Heat」など、無料のアクセス解析ツールが次々リリース
  • 第3位:Twitterの効果に高い関心
  • 第4位:オムニチュア「Omniture Test&Target」、ロックオンの自動入札ツール「アドエビスAutoBid」、コンフォート・マーケティング「Comfy Analytics」、ユーザーローカル「User Insight」、EC Studio「Web Analyst」など、アクセス解析の新ツールが次々リリース
  • 第5位:NTTコミュニケーションズがデジタルフォレストを24億円で買収
  • 第6位:アクセス解析の集計と用語定義ガイドラインの発表
  • 第7位:Google Analyticsが無料ツールにもかかわらず、有料ツールと同等以上に高機能化
  • 第8位:アクセス解析関連本出版やイベント、記事連載が活発化
  • 第9位:「myRT モバイル」、セラン「MOBYLOG 4.1」、ビービット「WebAntenna」のモバイル版など、モバイル用アクセス解析ツールが賑やかに
  • 第10位:アクセス解析イニシアチブ発足 参加者が1000名を超えた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加