ソニーとRealD、家庭向け3D機器でパートナーシップ

加納恵(編集部)2009年12月18日 14時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは劇場向け3D技術などを提供するRealD(リアルディー)と、家庭用3Dを共同で推進するため、技術提携したと発表した。

 今回の提携により、ソニーはRealDの立体映像フォーマット、アクティブ方式、パッシブ方式の3D試聴用メガネの製造ノウハウ、その他関連技術のライセンスを受けるようになるという。

 今後はソニーが製品化する家庭用3D機器の試聴用メガネにRealDの技術が用いられるとのことだ。RealDが採用している3Dフォーマットは、既存のハイビジョン放送のインフラを活用できる「サイド・バイ・サイド」方式だ。両社は、すでに映画館における映像の3D化で連携している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加