NTTドコモ、LTE対応の光張出し基地局用の無線装置を開発

松田真理(マイカ)2009年12月17日 20時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは12月17日、LTEに対応した光張出し基地局用の無線装置(RRE)を開発したと発表した。光張出し基地局とは、アンテナや変復調機能を備えた子局と、デジタル信号処理や保守監視機能を備えた親局を光ファイバーで接続した基地局のことだ。

 この無線装置は、電波の変復調機能などを備え、2GHz帯に対応している。LTEの基地局装置とW-CDMAの基地局装置で共有できるため、無線装置を導入したW-CDMAの光張出し基地局は、LTEの基地局装置を追加導入するだけで、W-CDMAのサービスエリアに加え、LTEのサービスエリアを効率的に展開できるとのことだ。

 同社では、新たに設置するW-CDMA基地局に対し、光張出し基地局の先行導入を進めている。今後、2010年12月のLTEサービスの開始までに、LTEサービスを提供する全基地局の約半数に導入する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加