logo

トレンドマイクロ、企業向けセキュリティ製品をWindows 7などに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは12月16日、企業向けエンドポイントセキュリティ製品「ウイルスバスター コーポレートエディション 10(Corp.10)」および「Trend Micro ビジネスセキュリティ 6.0(Biz 6.0)」の対応プラットフォームを、12月より順次拡充していくと発表した。

 Corp.10およびBiz 6.0では、それぞれサービスパック(SP)をリリースしWindows 7、Windows Server 2008 R2をサポートする。Corp.10は2010年1月にSP1ダウンロード版で、Biz 6.0は12月17日にSP1で対応予定。なお、Corp.10では、Windows 7のWindows XP Mode機能にも対応する。

 また、ウイルスバスター コーポレートエディション シリーズの企業向けセキュリティ対策スイート製品「Trend Micro Client/Server Suite Premium」では、Mac OS向けクライアントセキュリティ「Trend Micro Security for Mac(TMSM)」をプラグインとして12月22日より提供する。対応OSはMac OS X、OS X Server 10.6「Snow Leopard」、10.5「Leopard」、10.4「Tiger」となる。

-PR-企画特集