logo

AOL、インスタントメッセージングサービス「ICQ」をロシアの投資会社に売却か

文:Steven Musil(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年12月14日 17時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AOLが、同社のインスタントメッセージングサービス「ICQ」をロシアのインターネット投資グループに売却する協議に入っていると報じられている。

 ロシア紙Vedomostiによると、Digital Sky Technologies(DST)は2億〜2億5000万ドルでICQを買収する交渉を行っているという。AOLが1998年に4億ドルで買収したICQは、市場調査会社comScoreによると、ロシアにおける月間ユニークビジター数は約840万人で、同国第1位のインスタントメッセージングサービスだという。

 先ごろTime Warnerから独立したAOLは2009年11月に、同インスタントメッセージングサービスの売却先を探すために投資銀行Morgan StanleyおよびAllen & Co.と契約したとうわさされていた。

 DSTは、ロシアの有力インターネット企業グループの1つで、5月にFacebookに2億ドルの投資を行っている。

 AOL関係者にコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集