logo

JAXAが宇宙からのクリスマスメール配信サービス--12月18日まで受け付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を経由したクリスマスメールの配信を受け付けている。

 クリスマスメールの配信サービスは、超高速インターネット衛星「きずな」のネットワーク応用実験の一環として実施されるもの。筑波宇宙センターにいったんメールを保存し、12月24日に地球から3万6000km離れた宇宙空間を飛行している「きずな」を経由して、登録されたメールアドレスに配信される。

 メール本文は迷惑メール悪用防止のため固定となり、定型カードが添付されるとのこと。カードは登録サイト上から選択できる。

 申し込みは12月18日午後5時まで。JAXAサイトで受け付けている。

-PR-企画特集