logo

シャープ、液晶パネルの廃棄ガラスを高機能性塗料へと再利用

加納恵(編集部)2009年12月07日 20時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは12月7日、液晶パネル製造時に排出される廃棄ガラスを利用し、高機能性塗料を開発したと発表した。LED防犯灯のアルミニウム部品に使用するという。

 廃棄ガラスは、マザーガラスから画面サイズを切り出す際に発生するガラス端材。高強度や低膨張性、耐熱性などの特性を持つ。ただし、軟化温度が高く、既存の設備では、再びガラス原料として再生することが困難であったとのことだ。

 シャープでは、高温溶融を必要としないガラスの再生利用に着目し、ガラスを細かく破砕した粉末を、顔料と調合させることで高機能性塗料を開発。街路灯など、日光や雨風に直接さらされる製品の耐久性を高めるという。

 すでに発売されているLED防犯灯の塗装工程に、この高機能性塗料を利用すれば、塗膜の厚みを約40%削減できるほか、塗装時間も3分の2へと短縮できる。

 今後は、LED防犯灯だけでなく、家電製品への採用や新市場への展開を考えているとのことだ。

-PR-企画特集