キヤノン、「EOS 7D」に高倍率ズームレンズを組み合わせたレンズキットを発売

エースラッシュ2009年12月03日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは12月3日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 7D」にレンズを組み合わせた「EOS 7D・EF-S18-135 IS レンズキット」を発表した。12月18日に発売する。

 EOS 7D・EF-S18-135 IS レンズキットは、ハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラであるEOS 7Dに、EF-SレンズEF-S18-135mm F3.5-5.6 ISを組み合わせたレンズキットだ。

 EOS 7Dは約1800万画素のCMOSセンサを搭載し、高性能映像エンジンである「デュアルDIGIC 4」を採用している。最高で1秒あたり約8コマの撮影ができる高速連写機能を搭載していることが特徴だ。

 付属するEF-S18-135mm F3.5-5.6 ISは、35mm判換算で29mmから216mm相当の焦点距離に対応する7.5倍のズーム比を実現した高倍率ズームレンズ。手ぶれ補正機構を搭載したほか、UDレンズやガラスモールド非球面レンズの採用によってズーム全域での高画質撮影を実現しているとのこと。

 EOS 7Dのレンズキットはすでに2種類が発売されており、今回のリリースによってユーザーの選択肢を広げている。店頭想定価格は22万8000円程度となる。

「EOS 7D・EF-S18-135 IS レンズキット」 「EOS 7D・EF-S18-135 IS レンズキット」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加