logo

3Dキャラクターを使った自然会話エージェント--ピートゥピーエーら発売

新澤公介(編集部)2009年11月20日 22時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピートゥピーエーは、同社の自然言語処理エンジン「CAIWA」と、Flash Playerをプラットフォームとしたプラスプラスの3D技術「Web3D」を組み合わせて、ウェブ上のキャラクターと会話ができるキャラクターエージェントソリューション「CAIWA 3Dコンシェルジュ」を発売した。

 CAIWA 3Dコンシェルジュでは、CAIWAを組み込んだキャラクターを仮想空間に配置することで、ユーザーはリアルタイムでキャラクターとコミュニケーションを図れるようになる。ピートゥピーエーでは、仮想空間でイベントを開催したり、モデルルームや販売店を設置したりできるとしている。

 キャラクターは、怒る、笑う、驚くなどの表情に加えて、ジャンプ、回る、お辞儀などの動作が可能。また、企業の商品を紹介したり、説明したりできるほか、商品ページに誘導することもできる。なお、キャラクターは2Dモデルの「低精度キャラクター」と、3Dモデルの「中・高精度キャラクター」を用意する。

キャラクター CAIWA 3Dコンシェルジュで利用できる「低精度キャラクター」(左)、「中・高精度キャラクター」(右)

 キャラクターとユーザーの会話はログデータとして保存されるため、企業は自社のブランディング活動などに利用できるとしている。このほか、オプションとして、ユーザー同士がコミュニケーションを図る「チャット」機能なども追加できる。

 価格は、バーチャルな商品展示と、チャット機能などを組み合わせたパック製品「バーチャルイベントパック」を210万円から、バーチャルなモデルルームやECサイトを作成できるパック製品「バーチャルショールームパック」を182万円から提供する。なお、キャラクターの発話数やアクセス数にて料金は異なる。

 なお、ピートゥピーエーのサイトでは、「バーチャル展示場デモ」を公開している。

  • バーチャル展示場デモ

  • バーチャルイベントパック

  • バーチャルショールームパック

-PR-企画特集