オートデスク、ジャストシステム、マイクロソフト、海賊版販売の男性に損害賠償請求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オートデスク、ジャストシステム、マイクロソフトの3社は、2008年6月に海賊版販売容疑で逮捕され、同年11月に山形地裁から著作権侵害の罪などで実刑判決が言い渡された男性Aに対して、海賊版販売によって受けた損害の賠償を求める通知を2009年10月30日付けで送付した。

 山形地裁の判決文などによると、男性Aは主犯として他の2人の共犯者とともに「エムズナルド」や「ジャパネットおかま」などと名付けた複数の自作ホームページなどでビジネスソフトの海賊版を販売し、逮捕までに3万件以上の海賊版を販売していたという。

 この中には、米Autodeskが著作権を持つ「AutoCAD2008」が236本、ジャストシステムが著作権を持つ「一太郎 2008」が86本、米Microsoftが著作権を持つ「Microsoft Windows XP Professional SP-2対応版」が1206本、「Microsoft Windows Vista Ultimate 日本語版」が1677本、「Microsoft Office Professional 2003」が455本含まれる。

 山形地裁は男性Aに懲役2年および罰金500万円の実刑判決を言い渡したが、3社は判決で確定した被害事実に基づいて損害賠償を請求した。

 なお男性Aは、2006年10月にも同様の手口による海賊版販売で逮捕されており、懲役1年の執行猶予期間中での再逮捕だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加