マイクロソフト、「Office 2010」パブリックベータ版をリリース

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2009年11月19日 07時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロサンゼルス発--Microsoftは米国時間11月18日、「Office 2010」ベータ版が一般向けに提供開始されたことを発表した。同社のウェブサイトから入手できる。

 同パブリックベータ版の新機能の1つに、ユーザーが「Windows Live」や他のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)からのフィードを「Outlook」に取り込める「social networking connector」が挙げられる。LinkedInは、同機能を2010年に入って最初に利用する予定であるが、他社も参加できるようにソフトウェア開発キット(SDK)が用意されている。

 MicrosoftのOffice開発部門幹部であるKurt Del Bene氏は、当地で開催のProfessional Developer Conference(PDC)において「みんなにダウンロードしてもらいたい」と語った。

 Microsoftはまた、「Office Mobile 2010」のベータ版も発表しており、「Windows Mobile 6.5」を搭載する携帯電話向けに「Windows Mobile Marketplace」を通じて提供されていることを伝える記事を掲載した

 Office 2010のパブリックベータ版には、社内でブラウザベースの「Office Web Apps」の試用を開始できる企業向けの機能が含まれている。同ベータ版には、テクノロジプレビュー版とは異なり、Office Web Appsの「Word」および「OneNote」に編集機能が追加されている。

 しかしながら、消費者版のOffice Web Appsは、Windows Liveのテクノロジプレビューのままである。Office Web AppsのWindows Liveでの明確なリリース時期に関しては、何ら明らかにされていない。

 Office 2010は、2010年前半に正式版がリリースされる予定となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加