NEC、動画撮影時の雑音抑圧技術を開発--ズームやオートフォーカスのノイズをカット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは11月18日、デジタルカメラなどの動画撮影時に、ズームやオートフォーカスによって生じる雑音を抑圧する技術を開発したと発表した。

 この雑音抑圧技術は、あらかじめ用意した雑音をもとに、個々のモータやレンズの駆動で発生する雑音特性に似せた音(擬似雑音)を自動生成し、それをマイクで収集した音から減算することで雑音を抑圧できるという仕組み。

 参照用の雑音をもとに生成した擬似雑音を微調整することで、より正確に雑音を抑圧するという。NECでは、この微調整を繰り返せば、カメラやレンズ特性の経年変化など、変動する雑音の消し残しも最小にできるとしている。

 それでも抑圧しきれないレンズや鏡胴の断続的な動作で生じる雑音は、音量の増大と周波数帯域の広がりにより、自動検出し抑圧する。

 この技術を使用すれば、映像記録用機器において、雑音を気にせずにモータを高速に動作させ、よりスムーズなズームやフォーカスが可能になるとのこと。デジタルカメラでもビデオカメラ並みの使い勝手が提供できるほか、ビデオカメラにおいては、マイクとモータが近くに配置されても、雑音が少ない動画撮影ができるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加