logo

フォトレポート:マイクロソフト、Windows 7の広告プログラムを提供開始

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年11月16日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Microsoftは米国時間11月13日、Windowsデスクトップで広告を販売するためのパイロットプログラム「Windows Personalization Gallery」を開始したことを明らかにした。

 広告を販売したい業者はMicrosoftからまずその権利を購入することによって、Windows 7のデスクトップイメージをカスタマイズして商品を宣伝するためのテーマやカスタムサウンドの提供が可能になる。もっともMicrosoftは、これを利用するか否か、さらに利用するとしてもどれにするかを選択するのはユーザーであると強調している。

 Microsoftによれば、同広告プログラムは試験段階にあり、2010年10月までの提供が予定されているという。

 広告プログラムに参加する企業のうちの1社が映画会社のTwentieth Century Fox。同社は現在、映画「AVATAR」のカステムテーマをWindows 7利用者に提供している。
Scroll Right Scroll Left

 Microsoftは米国時間11月13日、Windowsデスクトップで広告を販売するためのパイロットプログラム「Windows Personalization Gallery」を開始したことを明らかにした。

 広告を販売したい業者はMicrosoftからまずその権利を購入することによって、Windows 7のデスクトップイメージをカスタマイズして商品を宣伝するためのテーマやカスタムサウンドの提供が可能になる。もっともMicrosoftは、これを利用するか否か、さらに利用するとしてもどれにするかを選択するのはユーザーであると強調している。

 Microsoftによれば、同広告プログラムは試験段階にあり、2010年10月までの提供が予定されているという。

 広告プログラムに参加する企業のうちの1社が映画会社のTwentieth Century Fox。同社は現在、映画「AVATAR」のカステムテーマをWindows 7利用者に提供している。

提供:Screenshot by Ina Fried/CNET

 Microsoftは米国時間11月13日、Windowsデスクトップで広告を販売するためのパイロットプログラム「Windows Personalization Gallery」を開始したことを明らかにした。  広告を販売したい業者はMicrosoftからまずその権利を購入することによって、Windows 7のデスクトップイメージをカスタマイズして商品を宣伝するためのテーマやカスタムサウンドの提供が可能になる。もっともMicrosoftは、これを利用するか否か、さらに利用するとしてもどれにするかを選択するのはユーザーであると強調している。  Microsoftによれば、同広告プログラムは試験段階にあり、2010年10月までの提供が予定されているという。  広告プログラムに参加する企業のうちの1社が映画会社のTwentieth Century Fox。同社は現在、映画「AVATAR」のカステムテーマをWindows 7利用者に提供している。

-PR-企画特集