logo

UEI、SNS向けゲームミドルウェア「ZEKE CMS ソーシャルゲームキット」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユビキタスエンターテインメント(UEI)は11月13日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)向けゲームミドルウェア「ZEKE CMS ソーシャルゲームキット」を開発したと発表した。当初は、mixiアプリ、mixiモバイルアプリ、Facebookなどに対応し、今後はその他のSNSプラットフォームにも順次対応する予定。

 UEIが提供するZEKE CMSは、携帯電話主要3キャリアに対応したコンテンツ管理システム。今回提供するZEKE CMS ソーシャルゲームキットは、ZEKE CMSをブラウザゲーム向けに拡張したもの。位置情報をサポートしたシンプルなスタンプラリーゲームを基本機能として備えており、これにシナリオと画像を用意するだけで、対応SNSで利用できるカジュアルゲームを開発できるとしている。

 管理画面では、ゲーム内アイテムの追加や変更、画面遷移やキャラクターのパラメータ、台詞の変更などを一括して実行できる。カスタマイズ次第では、本格的なゲーム開発も可能だ。

 また、大量のアクセスに耐えられる負荷分散機能を搭載するほか、主要クラウドコンピューティングサービスでの運用にも対応する。

 価格は16論理CPUコアまでの規模で初期費用500万円、月額費用100万円からとなる予定。UEIではまた、12月より同製品を使用したゲームを順次提供していく予定。

-PR-企画特集