logo

ソニーマーケ、携帯向けレーダー型周辺スポット検索アプリ「x-Radar Mobile」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは11月9日、初めての場所でも直感的に目的地を探せるレーダー型周辺スポット検索アプリ「x-Radar Mobile」を発表した。同日よりNTTドコモ向けサービスを、11月下旬からソフトバンクモバイルおよびau向けサービスを開始する。月額利用料金は105円となる。

 x-Radar Mobileは、インターネット上で提供する無料のソーシャル・マッピングサービス「PetaMap(ぺタマップ)」と連動し、携帯電話で周辺のスポット情報を検索して、レーダー型のナビゲーションをもとに直感的に目的地に到達できる新ネットワークサービス。

 携帯電話のGPS機能を使って現在地を特定し、半径3km以内にある周辺のさまざまなスポット情報を、約60万件というぺタマップの情報量の中から、ジャンル別やフリーワードで検索できる。

 レーダー型ユーザーインターフェースから、連動するぺタマップモバイルサイトにアクセスして、スポットまでのルートを地図上で確認したり、スポットの詳細情報を閲覧したりできる。スポットの位置を方角でシンプルに示すナビゲーションにより、地図を調べたりランドマークを探したりすることなく直感的に目的地を探すことが可能という。

「x-Radar Mobile」 「x-Radar Mobile」

-PR-企画特集